仕事のお悩み

営業成績をグッと上げるために【 すべき事5選 】

 

営業成績が上がらないのには理由がある

 

はじめ

営業マンの現実として、会社が設定する売上げ目標になかなか達成できない。

なんて事でお悩みではありませんか?

 

ちょっとした工夫で、そんなお悩みを解決へ導く事ができると思います!

 

 

 

27歳で店舗責任者になり32歳で営業部長になった私が

 

営業成績を上げるコツを順をおって5つご紹介します!

 

 

周りと同じ事をしていても営業成績は伸びない

 

営業成績が上がらないのは、もちろん自分または会社(環境)に原因があるからでしょう。

なぜ上がらないのかを自分なりに理解する事が、まず大切な第一歩となります。

 

 

営業成績が上がらない原因

  • 昔から営業手法を変えていない
  • 個人の目標設定を作っていない
  • 商談に失敗しても振り返りしない
  • 言葉使いがなっていない
  • 外営業でサボっている時がある
  • 身だしなみが悪いと言われた事がある
  • 朝は遅起き、夜は遊びにいく事が多い

 

その他にも外的要因なども考えられますが

今回は自分自身の問題にフォーカスしてあげさせてもらいました。

 

 

新人営業マンは仕方ないとして、中堅以上になっても

周りと全く同じ習慣やリズムで生活をしているのは危険です。

正直、行動を変えなければ営業成績が上がる見込みは薄いと思います。

 

でも安心して下さい。

私がオススメする営業成績をグッと上げる5選を参考にしてもらえれば

必ず結果は変わってくると思います!

 

 

営業手法に真新しさがないとダメ

 

当然の事かもしれませんが、売り方というのは人それぞれ違いがあって当たり前の事。

しかし何故だかどこかで聞いた成功例を、理解もしっかりできていないまま真似をしていたり。

先輩に教えられた営業の形をずっとそのまま続けていたり。

 

いわゆるどこにでもある営業手法(金太郎飴)になっていては、

真新しさがないので売れる商品も売れないという状況になります。

 

そう、この【真新しさ】こそが営業成績を上げる鍵の部分になります!

 

 

【真新しさ】にも、いくつかの種類があります

  1. 商品の真新しさ(他社には無い便利な商品)
  2. 戦略の真新しさ(相手が買いたくなるような戦略)
  3. 自分自身の真新しさ(自分の見た目の改善)

 

この3つの中で、自分が取り扱う商品に一番関連付けしやすい物を

選択して営業手法を変更して下さい。

 

とはいっても、急に手法変更するにも何から手をつけて何から考えれば良いのか

わからなくなってしまうと思います。

 

 

そこで真新しさを取り入れるためにすべき事及び、営業成績を上げる5選をご紹介します。

この5つを取り入れれば、自ずと真新しい営業を身につけれると思います!

 

 

営業成績を上げるためにすべき事5選

 

Man and woman business organization with circle gear vector concept illustration mechanism teamwork. Skill job cooperation coworker person. Group company process development structure workforce banner

読書をする

営業成績がトップクラスの営業マンは、確実にビジネス本を毎日読んでいます。

 

本は知識を増やしてくれる、考える力を与えてくれる、会話の引き出しを増やしてくれる、

とっさの判断をする時の判断力をつけてくれる。

様々な効果があり、デメリットは一つもないと思います。

仕事が終わってから読む、寝る前に読む、通勤途中に読む、休日に読む、

読むチャンスは一日のどこかで必ず作りましょう!

努力なしに営業成績は上がりません。

 

 

【私が実際に読んですごく参考になったオススメ本3冊】

 

この本を読んでから、毎月ほぼ最下位近くにいた成績から上位3位以内に食い込む事ができた本です。

正直かなり重宝しました。

① プロフェッショナルが実績している営業の哲学

プロフェッショナルが実践している営業の哲学

↑この本は、営業の基本の心構えを42個に絞って書いてあります。

辞書のように後々読み返す事ができるのがオススメのポイントです。

 

 

② 即決営業

即決営業
↑営業マンである以上読んでおく必要があります。

「検討します。考えます。保留で。 」などの言葉出させないセールストークが学べる最強の本です。

 

③ 話し方入門

カーネギー話し方入門 文庫版
↑実例が書かれているこの本は、とても理解しやすく腑に落ちます。

実際に、営業の場や会議の場で実践をしながら徐々に習得する事をオススメします。

 

 

人の嫌がる事に率先してチャレンジする

 

5選の中で最もこれが一番のオススメです。

 

ビジネスは人の嫌がる事(場所)にチャンスが転がっているのは間違いないと思います。

 

例えば、取引先の担当者がすごく嫌味な方で近寄り難くて誰も営業にあまり行けていない。

私はそんな所が大好物で、社内のスタッフに「よく行くなぁ」なんてよく言われます。

でも誰も手をつけていないからこそ、そこには上がる要素しかないのです。

 

その他にも違う先方で無理難題(競合他社が嫌がっているような案件)をお願いされた時も、

出来るだけ私は引き受けるようにしています。

もちろんその時は、利益などほとんどない事もあるかもしれません、

でも必ず恩に感じた先方は自社への見方が変わります。

返報性を利用した戦術に近いと思います。

 

 

自分の身だしなみを最大限に整える

 

ご存知の方も多いかと思いますが、

人のイメージは第一印象で決まるとよく耳にするかと思います。

それは「メラビアンの法則」から学べる情報となります。

 

カリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学名誉教授

アルバート・メラビアンによって発表された内容

wikipediaウィキペディアより抜粋

 

メラビアンの法則によっては言語情報7%、聴覚情報が38%、視覚情報が55%

つまり見た目(視覚情報)で第一印象がほとんど決まってしまうという事がわかります。

 

見た目がだらしなければ、だらしない人。

見た目が清潔感がある人であれば清潔感のある人。

となればしっかりと身だしなみを整えるに、こした事はありません!

 

最低限これは実践して下さい

  1. ヘアスタイルは清潔感が出るように必ずセットする
  2. スーツやシャツがシワになっていないか確認をしてから出勤する
  3. ネクタイをしっかり締める
  4. シャツの袖口は閉める(袖口が汚れて茶色くなっているの絶対NG)
  5. 革靴は定期的に磨く(できるなら毎日)

 

 

 

個人の目標設定を作る

 

会社で与えられた目標設定をクリアする事が自分の目標のままでは、

到達するだけでも精一杯になるかと思います。

 

そこで個人目標を別に必ず設定して下さい。

 

オススメは会社から与えられた目標設定の2倍です。

 

正直、早々クリアはできませんが

そこをゴール設定にして仕事の組み立てを逆算していくと、

会社が設定した目標には確実に達成する事ができます。

 

でも注意するべき事は、口だけの目標設定は意味がありません。

2倍売るために何をすべきか、よく考えて行動して下さい。

 

 

早起きをする

 

ことわざで【早起きは三文の徳】とよく言ったもんで、

いつもより少し早く起きて、自分の行動にゆとりを持たせて下さい。

 

朝から、せかせかと準備をして家を出る。

これは自分の体にも脳にも良くない事をしています。

 

実際に、その後の職場にも影響を及ぼす事となっています。

朝からゆとりを持って行動すれば1日の流れやスケジュールを

いつもより余裕を持たせながら組み立てる事ができます。

 

焦りながらする仕事ほど非効率な事はないので、1日のスタートとなる朝の習慣を改善しましょう!

 

 

まとめ

 

【営業成績を上げるためにすべき5選】のおさらい

 

  1. 読書をする(できれば毎日)
  2. 人の嫌がる事を率先してチャレンジしよう
  3. 自分の身だしなみを整えよう
  4. 個人目標の設定を使用
  5. 早起きをしよう

 

いかがだったでしょうか。

 

毎日の習慣を変える事が、

営業成績を上げる方法に直結している事にお気づきでしょうか?

周りと同じ事をしていても、微増または微減する可能性だってあるかと思います。

コツコツと周りと差がつくように自己投資をし続けて圧倒的な差をつけましょう。

 

-仕事のお悩み

© 2020 HAJIMEKATA Blog