仕事のお悩み

【2020年版】営業テクニック6選 誰でもすぐ使えます

 

営業テクニックを今より成長させよう

 

 

これは営業マンの誰しもが一度は抱える悩みではないでしょうか?

 

はじめ
今の営業のやり方にも限界がきているような・・・。

 

でもやり方変えるにも何をすればいいのやら?

 

そんなお悩みを本記事で解決をします。

心理学を交えたテクニックになりますので効果はすぐに感じて頂けるかと思います!

 

 

私も長らく営業をしており、たくさんの心理テクニックを試してきました。

その中でも特に売上げアップや人間関係が良好になった、

 

おすすめのテクニックを6つに絞ってご紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

 

営業テクニックを習得する前に【おすすめプチ工夫】

 

今から営業テクニックをご紹介させて頂きますが、

 

ざっと5分から10分記事を読んだ所で全ては、頭に入りません!

 

インプットした内容を実践して自分の物にするために、

私がいつもしているプチ工夫があります。

 

よかったら参考にして下さい。

 

 

小さいメモに営業テクニックを書き出しておいて

商談やプレゼンなど始まる10分前にこっそりメモを見てから話を始めるです。

 

もちろん慣れてくると、そんな事しなくても大丈夫ですが、

最初慣れるまでは、頭まで意識してやらないと中々クセづきません!

 

よかったら、今回の内容もメモにとって頂き実践してみて下さい。

 

はじめ

本記事のラストに超簡単なメモを取るようのまとめを準備しております

 

 

【 誰でもすぐ使える営業テクニック6選 】

 

 

単純接触効果

 

この効果は実に面白い内容になります。

 

名前にも入っているように相手と定期的に『接触』する事により、

徐々に相手からの警戒心が薄れ、自分に興味を持ってくれる効果になります。

 

これは実際に学生生活など日常的にも感じた事のある物だと思います。

 

つまりこの効果を仕事に落とし込む事により、

大事なここ一番の話までに何度も、短時間で良いので

先方に出向いて顔を出し続ける!

 

そして親近感が湧き、警戒心がなくなった頃に

しっかりと大事な話を持っていくなど

工夫次第で契約率を最も簡単に上げる手法になります。

 

ココがポイント

直筆でお手紙を送ったりするのも同じような効果が期待できるかと思います。

 

 

返報性の原理

 

よくスーパーマーケットで目にする無理でウィンナーを配るおばちゃん。

無料でウィンナーを食べちゃうと、

 

「んー、何か買わないと申し訳ない」なんて気持ちになりますよね。

まさにあの効果をさします。

 

 

もし無料提供できるものがあるのなら、

それを相手に提供するのも有りですが

 

営業マンの場合は情報や人材の紹介であったり、

先方の会社に繋げそうな企業の紹介など

 

しっかりヒアリングをして自分が相手にできる最高のギブを提供しましょう。

 

 

もしもその時、何も変化がなかったとしても

いつか別の形で返報性の効果が発揮さるかもしれません。

 

 

ココがポイント

相手にとって一番有益な物をギブしまよう

 

 

ミラーリング効果

 

ミラーリング効果と言ったり、同調効果と言ったります。

 

相手の仕草や表情などを、自分も同じタイミングで合わせると(鏡に反射しているように)

相手が自分に好感を抱くという効果です。

 

 

分かりやすい例は、友人と楽しく話をしている時に

自分が笑顔で笑っている時にみんなも笑っていると幸せな気持ちになりますよね?

 

同じ空間を同じ温度間で仕草まで共有する事により、

気持ちが盛り上がるという事です!

 

実際この方法は、自然とカップルが気付かないうちに普段からおこなっているそうです。

 

 

商談中であれば相手の話すスピードに合わせたり、仕草などもわざとらしくない程度に

同調する事をおすすめします。

 

やりすぎると、バカにしてるのか!と怒られる可能性がありますので

まず会社内や家族など身近な人で試してみて下さい。

 

 

ココがポイント

飲み物を飲むタイミングや表情を合わせるのがコツです!

 

 

セルフマニュピレーション

 

直訳すると『自分自身をコントロールする』という意味合いになります。

 

要は自分が発する仕草や態度や表情などを意図的にコントロールして

相手へ良い印象を与えるというものです。

 

 

ミラーリング効果は相手の仕草に合わせて好感を持たせるものですが、

セルフマニュピレーションは自分発信で印象変えていきます。

 

具体的にどういった事かというと、

 

自信満々な状態で商談をする!それだけです。

 

 

自信がなさそうな方や、声が小さいと印象がマイナスイメージなる事多い為、

はきはきと声は大きく胸を張って話す。

 

プレゼンや商談が上手な方は、場慣れしているため自信があるプラス

この効果を知って意図的に使ってらっしゃる場合もあるかと思います。

 

いつもより、プラスアルファを自信を持って話す!を意識して使ってみて下さい。

 

 

ココがポイント

まず自社製品を心から好きになりましょう。

 

 

ウィンザー効果

 

自分の口だけで伝えるのではなく、第三者の声を借りて相手へ間接的伝える方法です。

 

 

身近な所でいくと商品レビューや食べログとかもそうです!

 

実際に使用してどうだったのか?の声を集計し、グラフや文字に起こしてして相手へ伝えます。

新聞や雑誌の切り抜きを持ってくる営業マンもいるかと思いますが、あれも同じと言えます。

 

 

信頼性を上げるために、

「他の人達の評価はどうなのか?」それをこちらから先に開示する方法なのです。

 

 

 

ココがポイント

常に社内やユーザー方の声をかき集めておくと良いです

 

 

ドア・イン・ザ・フェイス

 

通販番組でよく観る

 

「60インチテレビが30万円!」

「ですが今ならなんと60インチテレビ30万円のところを15万円に!」

 

みたいな、

最初提示された価格よりハードルを下げて本来の落とし所を後から提示するというものです。

 

 

ビジネスだと本命商品ではなく、捨て駒の商品を先に説明をして、

相手に「 NO」を引き出した後に

本命商品を説明し、心理的に『欲しい、お得、さっき断ったからこれはOKするか』

の3つの感情が沸くように持っていけると理想的です。

 

 

もちろん定価を伝えた後に減額するのも有りですが、やりすぎると胡散臭いので注意が必要です。

 

 

それに先手の段階で相手が不快感を覚えてしまうと商談失敗になるので

最初の提案は、「後もうひと超え欲しいな!」くらいのものが良いかと思います。

 

 

ココがポイント

ここぞという時の一手にして下さい。乱用は信頼を失います。

 

 

 

まとめ

 

最後に、今回の内容を簡単にメモにしてもらえる【まとめ】を作っておきます。

 

  1. 単純接触効果 ※短時間で良いので顔を何度も出して顔なじみなる!
  2. 返報性の原理 ※最高のギブを提供して相手の反応を待つ!
  3. ミラーリング効果 ※相手の仕草を真似して好感を持ってもらう!
  4. セルフマニュピレーション ※自信を持って立ち振る舞いましょう!
  5. ウィンザー効果 ※第三者の声を相手に届けましょう!
  6. ドア・イン・ザ・フェイス ※最初の定時よりハードルを下げて欲しいの感情を引き出す!

 

 

慣れまでに時間がかかるテクニックもあるかもしれませんが、

 

一度に全部試さずに、一つずつゆっくりと試して自分の物にして下さい。

 

この営業テクニックで営業マンの売り上げアップに繋がれば嬉しいです。

 

 

よければ合わせて売上げアップをさらに効率化させる記事をお読み下さい。

営業成績をグッと上げるために【 すべき事5選 】

続きを見る

 

-仕事のお悩み

© 2020 HAJIMEKATA Blog